親とのコミュニケーション力も意識して

少し前からドラマや雑誌、ネットでもよく言われているモンスターペアレンツ。

すでに保育士として働いている私の友人に聞いてみても、クラスに一人ぐらいは本当にいるようです。わが子が最優先で、周りが全く見えていない、わがままでやりたい放題で、困った夫婦、家族みたいですね。とはいうものの、保護者は保護者なので、いくら子供が大好きだからといっても親を無視するわけにはいきません。

大人としての対応も必要になるでしょうし、そういったコミュニケーション能力を身につけておく必要が、今からでもあるのかもしれないと思っています。モンスターペアレンツのような人たちは、逃げるととことんまで追いかけてくるとのこと。自信をもって、しっかりと対応していきたいものです。そうすることで、その子も含めた全ての子供たちと向き合い、しっかりとした対応ができれば、よりよい保育士へとまた一歩近づけるのではないでしょうか、そう思いながら毎日の勉強をしています。「保育士バンク

趣味や遊びではなく、職業として大好きな子供たちと接するためには、まだまだ学ばなければならないこと、そして経験を積み重ねていく必要があることがあり、道は遠いけれども頑張っていきたい、そう思っています。